地底人は地上を目指す

地方在住&底辺生活な地底人主婦の雑記。

冷やしそば・うどん【だしつゆ源ちゃん】は夏の簡単・便利な必須めんつゆ

スポンサーリンク

とうとう猛暑という単語が
テレビのあっちこっちから
聞こえるようになりました。
まだ7月だというのに・・
梅雨はどうしたんだ?
うっとおしいけれど
これはこれで適量の雨が降らないと
どこかしらで都合が悪くなります。
雨不足による○○・・・なんて
ニュースが流れないことを祈るばかりです。

ダブルワークのひとつのバイトは
平日朝から夕方までですが
昼ごはんは家に帰って食べます。
時間なし、金なし、冷房なし。
そんな私たちの夏の昼ごはんは
なんといっても【冷やしそば】
ざるそばは面倒なので
どんぶりでぶっかけて頂きます。
f:id:yorihito:20170713003828j:plain:w250
この【冷やしそば】
なんと一杯約30円!
しかも麺が美味い。
f:id:yorihito:20170713003853j:plain:w250
製造は石川県小松市の中石食品工業さん。
最初は30円くらいだったと思いますが
気付けばひと玉19円
そして今現在ひと玉14円
嘘みたいな値段です。
冬はあったかいそば
夏は冷たいそば
あったかそばには天かすや
みどりのたぬきのような丸い天ぷらを
乗っけていただきます。
温冷両方イケるのが凄いトコロです。

そして出汁はコレ。
【だしつゆ源ちゃん】
金沢市、直源醤油株式会社さん。
f:id:yorihito:20170713005100j:plain:w200
イラストの男の子がなんとも面白い。
f:id:yorihito:20170713005128j:plain:w200
近所のスーパーで550円です。
元々だしつゆ否定派な私。
地元の醤油を使って手作りが一番。
なんて豪語していたのも
時間がある時ならこそ。
今じゃそうはいかず、
しかも出汁とか醤油とか
結構お金も冷やす時間も必要なのでやめた。
各メーカーの他のものも試したけど
源ちゃんに落ち着きました。
地元北陸の醤油メーカーなので
舌に馴染みがあるからなのか。。。
夏の必需品です。

冷やしそばの場合は大さじ1杯ちょい。
氷を4個ほど入れて水をプラス
サッとゆでて冷水にさらしたそばをその中へ。
刻みのりやネギがあれば尚更ですが
ワサビだけで十分です。
おろし山芋があれば、なんて
たまに贅沢したいですね。

ちなみに≪うどん≫も14円
≪焼きそば≫も14円
私は無類の麺好きなので
中石食品さまさまなのであります。

【冷やしうどん】は少し豪華。
トッピングに天かす・生たまご・削りかつお。
そして源ちゃんは原液のまま
麺に絡めるようにして頂きます。
生卵・天かすに源ちゃんが絡んで
これも美味いんです。

他に火を使わない使い道としては
酢とラー油を足してギョーザのたれ。
酢とごま油でドレッシング。
醤油風味の冷やしラーメンで
スープの量が足りなかったり
もう一つ薄かったりすると
足して使っています。
冷ややっこにかけても◎。
冷たいもの、常温のものには
簡単・便利・美味しいということで
使いまくりの常備品でます。

じゃ火を通すものには?
結構甘味があるので
あたたかいそばやうどん
鍋料理には我が家はあまり使いません。
出汁巻卵はつゆに水を少しプラス。
丼や天つゆなど
甘くてナンボのものはばっちり使えます。

年中使うと言えばそうなのですが
強いて使うなら夏。
冷やしものには源ちゃんです。

直源醤油 だしつゆ源ちゃん 1L×3本セット

新品価格
¥1,944から
(2017/7/13 02:19時点)