地底人は地上を目指す

地方在住&底辺生活な地底人主婦の雑記。

最後の砦【個人年金】あんしん生命に借入した

スポンサーリンク

個人年金で貸付

夫婦・家族でボトムライン生活。
旦那に対して我慢が限界に達し
晴れて離婚となりましたが
やはり同居している以上
光熱費・食費その他もろもろ。。
相変わらずほぼ私のお給料で賄う
なんとも空空とした毎日。

借家も思うように当たらず
うだうだと時間だけが過ぎております。

あてにしていた2件に
たて続けにふられてしまい
少し凹み状態。
空家だらけなのになんでや~!

が準備は必要ということで
引越しの際に邪魔になるであろう
本や衣類、かばんなど
オークションや宅配買取に
出したりと小忙しい感じです
オークションは
小金にはなるものの
検品・出品・発送と結構時間をとられて
自給に換算してみたら
一体何やってんだか。。ですが
≪あなたの不要なものは誰かの必要なものかも≫
そのとおりにどこかの誰かへ
このコたちが役に立ちますようにと
使命感あり、達成感ありで
自己満足で楽しんでいます。

まぁそれは可愛らしい貯金箱として、
問題となるのは大金。オオガネ。
賃貸契約する時も要りますよね。
でも貯金なんて当然ゼロ
そこで最後の切り札として
個人年金積立に手を出す事に。

東京海上日動あんしん生命個人年金保険

月10,000円を12年掛けてきました。
知り合いの銀行員さんに頼まれて
よく説明も聞かないまま引き受けたけど
60歳までと思ってたのに
行員さんの手違いで65歳まで。
利率だって預金するのと変わり無し。
面白くない話なのに続行してきたのは
10年も満たないうちに解約すると
解約金はがっつり元本割れ。
もうこれは引き出し不可能の
強制執行定期預金のつもりで
月1万円払っていくしかないや。
ということで10数年経過。。
ほぼ100%の解約返戻金にまでなりました。

解約したら楽だけど虚しい
結構預金できる性質なので
自分の通帳、子供達の通帳と
女の楽しみというのか
母の義務というのか頑張っていたけど

あのオヤジに全部やられましたね。
家の事なんだから当たり前だろ。
と言わんばかりの態度で
人の楽しみを平気で奪う男です。

貯金が無くなる虚しさを考えたら
利息払っても貸付を取りました。
今考えたらバカな事したなとも思う。
100万円を借りて1年後は103万円の返済
そりゃとりあえず無理ってもん。
でもこのまま解約して使ってしまうより
還して元に戻すぞっていう
あえて枷を付けることにしました。

新生活の中かなりキツイけど
今まで通り月1万円の積み立て。
生活が落ち着いた時点で残金を戻す。
金利分として月3千円預金。
いつになったら元に戻るのやら。
損なやり方なのかもしれないけど
できる限り頑張ってみます。

とにかく早く物件見つけて
金銭処理して
戻せるものは戻さねば。